1,844

三国志に例えると。

Posted by 村上慎一郎 on 2007年6月16日 in 企業論, 経営・戦略 |

公孫讃あたりかな、ウチの会社。

外(顧客)に向けて(三国志での戦争)は頑張るけど、

社内(社内システム・環境)はガタガタ(三国志での内政)。

いや、それじゃ長続きしないでしょ、実際(汗)

三国志は昔良くやってて、シュミレーションで身に染みてるけど。。。

職業訓練や今までの経歴でもそうかな。

戦争勝ったとして、領土増やそうが、内政もしっかりやってないと、

国力弱くなって、そのうち獲得した領土も奪われる。

社長とか社風とかキライじゃないんだけどね。

ただ、理想のみを追いすぎてて、現実を見れてない感が満載(汗)

上記の社内環境とか。

顧客との付き合いとか。

外国人雇いまくるのは社風としてもアリとは思うけど、

実際、バイリンガルじゃないと巧く回せないっすよ??

作業多すぎて、皆自分の身を守るのに精一杯っすよ??

効率化とか考えられずに。

案件フォームすらないのはありえない!

効率かも評価も何もあったもんじゃない!

うむ、三国志での董卓や袁術…は悪く言いすぎかな(汗)

オレはココとは全く考え方合いませんし。

見返りがあればガンバりますけど、実際何かしてあげる一方じゃ、

オレも人間ですから、付き合いきれません。

「責任・責任」言うけど、じゃあ「権利」は??

終電・徹夜が当たり前みたいだけど、残業代は??評価は??

売り上げが全てで作業内容は無視??

どんどん社員が辞めてくのに、なんで社内の問題に気づかない??

ツッコむ権利も機会も与えないパワハラってどーなのよ。。。

ぶっちゃけ、オレ今半分出社拒否状態で家で仕事(許可取得済み)してたりします(汗)

今月で辞めちゃいますがw

[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る

タグ: ,

にほんブログ	村 その他趣味ブログ 模型へ にほんブログ村 IT技術ブログへ

1,844 Comments