資格とか現場とか机上の空論とか。

そう言えば。
転職には資格とうるさいのがいるんですが。
WEB系かつアプリ系なら、経歴の成果物を見せて説明プレゼンして、
苦労したこと(対応策)や気合入れたとこをちゃんと説明した方がスムーズに業務連想出来て採用されやすいと思う。大手や人事面接、常駐先とかのIT素人には資格有効ですが。
それが新卒との一番大きな違い。
新卒はポテンシャル、中途は即戦力。
まぁ、この状況ポテンシャル採用は厳しいみたいですが。。。
オレは仕事論ブログも公表してるしなぁ。。。
そこでまた、資格取得がゴールになってるという、底知恵の浅い人も多いワナ。
別にIT資格取得自体や、それに関する勉強は否定しませんが。
じゃぁ、その資格試験の特定分野で全問正解しても総合で不合格だった人は使い物にならないかと言えば、
逆にスペシャリストだし、それこそ資格全問正解してもただ合格で資格取得!
としかならずスコア出ない現状で、資格で人が測れるのかと。
じゃぁ、プレゼン(コミュニケーション全般)は??要件定義は??ドキュメント作成は??
ITの仕事ではどれもかなり大事。
資格でそれも測れるんだ??
狭い視野で仕事の現状を知らないから資格至上主義が唱えられるんだろ??
とか穿って考えるヒネた性格。
逆に、資格があれば就職出来たり、実務もこなせると思うほうが危険だと思いますけどね。
資格しかないのはある意味学生が受験勉強合格したのと同義。
社会的には名刺や肩書き程度の役割しかなさないし。
[`fc2` not found]
[`yahoo` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る