DVDレビュー~懐かしの??ファイトクラブ~

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ~♪ポイズン~♪
なんて、苛烈に突っ込めば認められることもあるし、逆にパワハラになることもあるし、
そもそもが日本では上司・部下、先輩・後輩なんて序列がめんどくさいwwwww
そんな理想と現実にどう折り合いを付けますか??
オレはコバエうざいのは、なんの人間性も能力もないのが、たかり気味に干渉することだったりします^^
恋愛・人間関係経験一つとってもおまえら話にならんとk

ファイト・クラブ [DVD] ファイト・クラブ [DVD]
(2012/12/19)
エドワード・ノートン、ブラッド・ピット 他
商品詳細を見る
昔(10年前のレンタルバイトの頃からさえ)から名作として有名だったんですが、
なぜかレンタル中だったりタイミングが合わず今まで見てませんでした^^;
とかなのが残念なくらい面白いですよ!
もうネタバレもクソもないと思うのでいいんですが、
クソみたいな現実と破壊・創造したい理想の乖離・・・
程度の差はあれ、誰にでも経験があると思います^^
ぶっちゃけオレはあんまないんですが!wwwwww
現実がクソなのを散々思い知ってるので、
そこで目標や改善点として列挙していき、いずれ現実を追いつかせます・・・
なんてガキの頃は素直にそんなところだったんですが、
(例えばガリ勉が嫌になっての反抗とかコミュ障治そうとバンドだとか)
まぁまぁ社会(この映画の舞台も)だと一筋縄ではいきません^^;
そもそもが日本では本音と建前で言いたいことも言えないこんな世の中ポイズン!
だったりそこで裏表だとか(オレはもう好き放題言うようにしてますが)、
素質があったとしても、そこでは経験や知識・技術がなければ実現出来なかったり、
クソ老害どもの手のひらで抑えられたり踊らされたこともあります^^;
結構この作品で同意出来るところが多く、ガチで面白かったwwwwwww
なんて、単純に作品としてもかなりのクヲリティだと思いますよ^^
どんでん返しがガシャーンと決まって、
モロモロの伏線がバチーン!
とハマるのは 相当なカタルシスがあります・・・
ラストがああなるのは開放されたのか、やり直すのか??
若干「ん??」とか「辻褄合わないよ??」って部分も無きにしもあらずなんですが、
そんなんを抜きにして、そうとう楽しめる作品です^^
理想と現実の折り合いを付けるための殴り合いの美学^^

別に殴りあわなくても、激論とかケンカくらいいいジャマイカ^^
そこまで行くということは、お互いが真剣に考えて意見がぶつかってるんですよ^^
なんて、オレはクソめんどくさいだけなのは普通にフルシカトするんだがな!wwwwwww